いつもなんか天気が悪い

世界一意識低いけど、自意識は人一倍

雑記

特技:トイレの電気を消す

「トイレの電気がいつの間にか消えている」という感覚がある。トイレに入り、用を足し、トイレを出て、手を洗っている時にふと「あれ、電気消したっけ」と思って振り返ることがよくある。それが不思議なことに100%電気が消えている。逆に「あれ、電気消した…

無職の時間の溶け方

無職になったらなんでもできると思っていた。 YouTubeでVlogやゲーム実況を投稿して、 英語を勉強して、映画やドラマを楽しんで、 資格の勉強もして、小説なんか書いてみたりして・・・ と、無職=無敵と思っていた頃が懐かしい。 労働に使っていた時間をま…

東京で見た面白かったもの

田舎から東京に来て、たくさん面白いものを見た。 都会には田舎にないものが大量にあった。人がとにかく多すぎるし、建物もデカすぎるし、街中が見たことないものに溢れていた。 例えば「バーニラ♪ バニラ♪ バニラ♪」の車とか。 上京して初めて選挙カー以外…

馬が憑いていた(らしい)頃の話

「馬が憑いている」と言われたことがある。 中学生くらいの頃、人格があまりにもゴミだった。私の人格の良し悪しグラフを作成するとすれば、概ねかなり低い位置で推移することになるが、突出して中学生の頃の人格は最下層を突き抜けるくらい良くなかった。 …

手帳に日記を書いていた頃

今週のお題「手帳」 手帳に日記を書いていた時期がある。 それは高校生の時分、キデイランドで選びに選び抜いたアンパンマンのスケジュール帳だった。 ちなみに、このアンパンマンというチョイスは「高校生なのにアンパンマンが好きというのはマイナーで可愛…

初めてまゆげを手入れした日のこと

美容アカウントが好きだ。 Twitterで「ビューティー」カテゴリーのツイートをただただ眺めているのが好きだ。 なにもしなくてもキラキラ女子の仲間入りをしたみたいな気分になっている。 「女の子って本当にたのし」そうだなあと、田舎の女子中学生がティー…